会社案内

棟匠の歴史・沿革

経歴・沿革

1948昭和23年
石川林産加工有限会社を初代社長石川幸次郎が創業。
木炭の生産販売を主に木材製材業と薪の生産販売を行う。
1965昭和40年
有限会社石川建設を石川毅が創設。
1973昭和48年
有限会社石川建設を改め、株式会社棟匠に変更。有限会社石川建築設計事務所を統合し総合建築業とする。
RC構造と木軸構造で店舗、マンション、建売り、注文住宅と建築に関わるものは全て施工。
受注棟数は昭和43年度と昭和55年度対比で年間30棟から120棟の受注。
1981昭和56年
注文木造建築へ専業特化。
1982昭和57年
OMソーラーに加盟し、一般住宅とパッシブソーラー住宅を目指す。
1989平成1年
水戸市河和田に単独住宅展示場を設立。
数寄屋住宅、3階建住宅、OMソーラー住宅、アート住宅、展示室、会議室を建設。
1990平成2年
合理化認定住宅取得。
1991平成3年
松下電器産業(株)全熱交換器を開発した工学博士・矢野宣行氏とともに外張り断熱健康住宅の開発に取り組む。
1993平成5年
合理的低価格住宅『故郷35』を発売。
受注棟数は昭和55年度と平成5年度対比で年間120棟から180棟に。
1995平成7年
国際的基準(健康・快適・能率・安全)で造る、初の外張り断熱健康住宅、『おばあちゃんの家』を発表する。
1996平成8年
弊社水戸住宅展示場に外張り断熱健康住宅モデルハウス『総杉[桐]の家』を開設。
1998平成10年
八溝材5寸角で造る外張り断熱健康住宅『八溝の家』を地元の大工・ 工務店用の注文住宅として開発発表。
同年、高齢者対応シニア住宅『明・あかり』を発売。
1999平成11年
2代目社長に石川忠幸が就任。外張り断熱健康住宅しか造らない一品生産主義をとる。
2000平成12年
NPOやみぞの森に加盟をして、森林の環境問題に取り組む。
2005平成17年
HPSI住宅開発。同年、水戸住宅展示場に棟匠会による『HPSI優木の家』モデルハウスを開設。
2006平成18年
牛久市ひたち野に県南営業拠点つくば住宅展示場を開設。
2007平成19年
地球環境に負荷をかけない環境循環型リサイクルのシステムを構築。LOHASな家づくりを商標登録する。
2009平成21年
国土交通省「長期優良住宅先導的モデル事業」の「住宅の新築(戸建)」部門に採択。
「無垢材の長期優良住宅」の足がかりとなる床下地耐震部材を開発し、床剛性試験で2.62倍の強さが証明される。
2010平成22年
国土交通省「長期優良住宅先導事業」の「住宅の新築(戸建)」部門に2年連続で採択。
棟匠の家が次世代の見本となる。
2014平成26年
カーボンフリー企業として認定される。
台湾プロジェクト始動。
2015平成27年
つくば市学園の森にインフォレストつくばが移転オープン。
外張り断熱住宅だけで、1750棟を超える実績を達成。
このページの一番上へ